ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

ウィークエンドサンシャイン 2019年11月23日

 

今週はDr. JohnとFleetwood Macの小特集という感じでした。

 

Dr. John「The Mojo of Dr. John」

 Dr. JohnがMac Rebennackと名乗っていた頃の楽曲やCRAZY CAJUNというテキサスの小さなレーベルの頃の楽曲、80年代イギリスで行われたライブなどをまとめた2枚組CD。残念ながらApple Musicでは見つけられませんでした。

 

Mojo Of Dr. John

Mojo Of Dr. John

 

 

Doghouse Blues

Doghouseとは相手に怒られている状態、仲間外れにされているような状態を言うそうです。

 

 

 

Shining As Hard As I Can (Dying In the Forest)

環境問題に取り組んだ曲。樹木の立場で「一生懸命輝こうとしているけれど森の中で死につつある。」と歌っているそうです。

 

 

 

 

Fleetwood Mac「Before The Beginning」

私がフリートウッド・マックFleetwood Mac)を聴いたのは80年代なので、 スティーヴィー・ニックスがボーカルの頃なのですが、それ以前のピーター・グリーンが中心だった頃のフリートウッド・マック。全然別のバンドと言ってもいいでしょう。

これまで発表されていなかった音源が3枚組CDとして出ました。

 

Before The Beginning: Live 1968-1970

Before The Beginning: Live 1968-1970

 

 

The Woman That I Love

B.B. Kingのカバー。1968年フリートウッド・マックが結成された頃のライブ。

 

 

ピーター・グリーンは1966年「ジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズ」にエリック・クラプトンの後釜として入ります。エリック・クラプトンは既にクリームでギター・ヒーローになっているので、彼の代わりに入るというのは相当プレッシャーがかかることでした。しかしながら、1967年「A Hard Road」というアルバムで個性的な演奏を聞かせてくれます。このアルバムはイギリスのトップ10に入ったそうです。

そしてこの頃ドラマーとして入ってくるのがミック・フリートウッド。しかし、酒を飲みすぎてジョン・メイオールにすぐにクビになったそうです。ミュージシャンでそういう話は多いですね。

そして、ミック・フリートウッド(ドラム)とピーター・グリーン(ギター)、ウマのあったジョン・マクヴィー(ベース)、エルモア・ジェームスのようなギターを弾くジェレミー・スペンサー(ギター)でフリートウッド・マックが結成されます。

 

 

Have You Ever Loved A Woman

フレディ・キングのカバー。エリック・クラプトンが「いとしのレイラ」で歌っているのが有名です。バラカンさんはこの頃のフリートウッド・マックのライブをイギリスで見ているそうです。羨ましい。

 

 

 

I Loved Another Woman

ピーター・グリーンはハーモニカも上手でスタジオ録音だとハーモニカをオーバー・ダビングしていたそうです。

ラテン風リズムの曲でオーティス・ラッシュを彷彿させます。ピーター・グリーンはオーティス・ラッシュが大好きだったそうです。シングルで出す「ブラック・マジック・ウーマン」(後にサンタナがカバー)に雰囲気が似ています。

 

 

 

I Believe My Time Ain’t Long (Version 1)

もう一人のギタリスト、ジェレミー・スペンサーバラカンさん曰く「エルモア・ジェームスの真似しかできない人」だそうです。必ず数曲彼がリード・ボーカルをとってエルモア・ジェームスばりの曲を演奏したそうです。

 

 

 

Willie And The Hand Jive

ジョニー・オーティスが50年代に歌い、エリック・クラプトンがカバーして有名になった曲。

 

 

 

1968年もう一人ダニー・カーワンというギタリストが加入して「アルバトロス」を発表します。番組ではかかりませんでしたが、この曲は不思議な感じですよね。

当時ブルース・バンドとしては誰も売れるとは思っていなかったそうです。メインストリームのDJが日中帯の番組でかけて大ヒットしたそうです。

 



 

「ウィークエンドサンシャイン ウインタースペシャル」12月28日(土)7:20-11:50の4時間半放送されるそうです。バラカンさんの年間ベスト、面白いライブ音源などを紹介してくださるそうです。楽しみです。

リスナーが選んだ年間ベストは1月に紹介されるそうです。