ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

世界の快適音楽セレクション 2020年1月18日(ジョアン・ボスコ、セコイヤ・マレー)

 

HOTの音楽

 

Joao Bosco「O Amor E Chama」

松村さんの選曲。ジョアン・ボスコかマルコス・ヴァーリ (Marcos Valle)の曲集で演奏している曲。「愛と炎」なので絶対熱いので選曲されたそうです。

松村さん:「パッと燃えるのではなく、ゆっくりと温まってくる炎の感じ。」

三上さん:「恐ろしく凝った物凄い楽曲。天才マルコス・ヴァーリ。」

 

  

Marcos Valle: Songbook, Vol. 1

Marcos Valle: Songbook, Vol. 1

 

 

マルコス・ヴァーリは「音楽遊覧飛行」で知ったブラジルのシンガーソングライター。 

 

 

  

トピックス(湯浅学

 

Sequoyah Murray『Before You Begin』

セコイヤ・マレーは、アメリカのアトランタを中心に活動している新人シンガーソングライター。ソウルミュージックのアプローチの仕方が面白い若者。まだ22歳。3オクターブの声域があるそうです。

Before You Begin

Before You Begin

 

 

Let's Take The Time

Let's Take the Time

Let's Take the Time

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 来週はいよいよ1/25(土) 7:20〜11:50「1000回記念スペシャル」です。

 

 

ウィークエンドサンシャイン 2020年1月18日(ケブ・モ、モリー・タトル、ジミー・ヴォーン、ボビー・ラッシュ、バディ&ジュリー・ミラー、マクナリー・ウォーターズ)

 

リスナーの2019年間ベスト(少数派編)

今回は選んでいる人が一人または二人のアルバムで番組で紹介していない曲がかかりました。いい曲が多くて楽しかったです。

 

Keb’ Mo’『Oklahoma』

ケブ・モは1994年40代でデビューしています。1951年生まれでバラカンさんと同い年。 

Oklahoma -Digi-

Oklahoma -Digi-

  • アーティスト:Keb'mo'
  • 出版社/メーカー: Concord
  • 発売日: 2019/06/14
  • メディア: CD
 

 

Put A Woman In Charge

ローザン・キャッシュがゲストの曲。

「この世の中は太古の昔から作り上げたのは男たち。男たちはこの世の中をダメにしようとしている。そうゆう中で責任者に女を選ぶべきだ!」というメッセージの曲。 

 

 

 

Molly Tuttle『When You're Ready』

モリー・タトルはギターがすごく上手なシンガー・ソング・ライター。

When You're Ready

When You're Ready

  • アーティスト:Molly Tuttle
  • 出版社/メーカー: Compass
  • 発売日: 2019/04/04
  • メディア: CD
 

 

Take The Journey



 

 

Jimmie Vaughan『Baby Please Come Home』

ジミー・ヴォーンはスティーヴィー・レイ・ヴォーンのお兄さん。ブレないスタイルがかっこいいです。

Baby Please Come Home

Baby Please Come Home

  • アーティスト:Jimmie Vaughan
  • 出版社/メーカー: Last Music Company
  • 発売日: 2019/05/17
  • メディア: CD
 

 

Baby Please Come Home

 

 

 

Bobby Rush『Sitting on Top of the Blues』

ボビー・ラッシュは86歳。まだまだ元気です。

Sitting on Top of the..

Sitting on Top of the..

  • アーティスト:Bobby Rush
  • 出版社/メーカー: Deep Rush
  • 発売日: 2019/08/16
  • メディア: CD
 

 

Hey Hey Bobby Rush

 

 

 

John Boutte『A ' Well Tempered ' Boutte'』

ジョン・ブッテは61歳。ニューオリンズジャズ・シンガー

A ' Well Tempered ' Boutte'

A ' Well Tempered ' Boutte'

  • アーティスト:John Boutte
  • 出版社/メーカー: CD Baby
  • 発売日: 2019/03/31
  • メディア: CD
 

 

My Indian Red

マルディグラ・インディアンの歌として有名な曲。

My Indian Red

My Indian Red

  • JOHN BOUTTE
  • ジャズ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

Buddy & Julie Miller『Breakdown on 20th Ave. South』

バディ・ミラーはソングライター、プロデューサー、ギタリスト、シンガー。ジュリー・ミラーは奥さん。二人で出すアルバムは『Written in Chalk』以来10年ぶり。

ジュリーは線維筋痛という病気を患って音楽活動が出来ない時期があったそうですが、復帰してこのアルバムのリリースとなりました。

Breakdown on 20th Ave...

Breakdown on 20th Ave...

  • アーティスト:Buddy Miller & Julie
  • 出版社/メーカー: New West Records, Inc.
  • 発売日: 2019/06/21
  • メディア: CD
 

  

Breakdown on 20th Ave. South

 

 

 

McNally Waters『McNally Waters』

マクナリー・ウォーターズは、ラリー・ジョン・マクナリーとハリー・ウォーターズ(ロジャー・ウォーターズの息子)によるユニット。ラリー・ジョン・マクナリーは歌、ギター、パーカッション。ハリー・ウォーターズはキーボード、ピアノ、パーカッション。

ラリー・ジョン・マクナリーは昨年来日しましたね。この番組で紹介していただいた『Buddy Holly』というアルバムは良かったです。

 

Mcnally Waters

Mcnally Waters

  • アーティスト:Waters McNally
  • 出版社/メーカー: Amplified Media Srvc
  • 発売日: 2018/07/06
  • メディア: CD
 

 

Don’t Cross the River

番組では「Distortion」という日本のみのボーナストラックがかかりました。

 

 

 

来週はゴンチチの1000回記念番組のため休止。

2月11日(火) 12:15〜18:50「今日は1日アリーサ・フランクリン三昧」

バラカンさんのご説得により番組名がアレサでなくアリーサとなったそうです)

 

 

松尾潔のメロウな夜 2020月1月13日(ライオン・ベイブ、フィリップ・ベイリー、カーティス・メイフィールド)


メロウな落ち穂拾い

 

昨年リリースされながらも、その時オンエアーするタイミングを逸した、でも松尾さんとしてはお届けしたい楽曲紹介でした。

 

LION BABE『Cosmic Wind』

ジリアンという女性とルーカスという男性のコンビネーションによるユニット。

ルーカスが音作り、ジリアンが歌っています。ジリアン・ハービーはヴァネッサ・ウィリアムスの娘。ベイビーフェイスなどのマネジャーであるラモン・ハービーがお父さん。

Cosmic Wind

Cosmic Wind

  • ライオン・ベイブ
  • R&B/ソウル
  • ¥1833

 

Western World (feat. Raekwon)  

ペット・ショップ・ボーイズの「ウエスト・エンド・ガールズ」のカバー。

 

 

Pet Shop Boys「West End Girls」

ロンドンのウエスト・エンドのストリート・ビジネスをしている女性を歌った曲。

 

 

  

Philip Bailey『Love Will Find a Way』 

Love Will Find a Way

Love Will Find a Way

  • アーティスト:Philip Bailey
  • 出版社/メーカー: Verve
  • 発売日: 2019/07/26
  • メディア: CD
 

 

「世界の快適音楽セレクション」でも2回紹介されたフィリップ・ベイリーの新譜。松尾さんもジャズ寄りのアルバムと解説されていました。

 

We're A Winner(feat. Bilal

カーティス・メイフィールドのインプレッションズ時代の曲のカバー。

 

 

 

カーティス・メイフィールドが亡くなったのは1999年12月26日57歳、亡くなって20年となります。

1990年にコンサート会場で照明の落下事故で半身不随となってしまいます。

「まだ40代で、クリエイターとして考えてみると、やっと自分の頭の中で鳴っている音とキャリアとスキルが一致してこれからという時で辛かったと思う」と松尾さん。

生き続けた10年近くも相当辛い日々だったと読んだことはあります。

 

Curtis Mayfied『New World Order

1996年に周囲の協力を得て出した復帰そして最後のアルバム。 

New World Order

New World Order

  • アーティスト:Curtis Mayfield
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1996/09/26
  • メディア: CD
 

 

Curtis Mayfield『Live in Concert 1990』  

事故直前の1990年にBBCのために行ったライブ。

 

 I'm so Proud

松尾さん一番好きな曲だそうです。

I'm so Proud

I'm so Proud

  • provided courtesy of iTunes