ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

ジャズ・トゥナイト 2020年7月4日(グレゴア・マレ & ロメイン・コリン & ビル・フリゼール、ジョン・スコフィールド)

 

ホットピックス

 

Gregoire Maret & Romain Collin & Bill Frisell『Americana』

スイス生まれのハーモニカ奏者:グレゴア・マレ、フランス生まれのピアニスト:ロメイン・コリン、アメリカ人のギタリスト:ビル・フリゼールがフォーク、ブルース、カントリー、ゴスペルなどアメリカのルーツミュージックを3人の世界で描き上げた新作。

 

Rain Rain

ビル・フリゼール作の曲。



 

Wichita Lineman

ジミー・ウェブ作曲のカントリーシンガー:グレン・キャンベルの歌。



 

 

John Scofield『Swallow Tales』

現在68歳のジョン・スコフィールドが20代で出会い、40年以上色んな形で共演してきたベースのスティーヴ・スワロウ(現在79歳)の音楽をトリオで録音したアルバム。ドラムはビル・スチュアートです。

Swallow Tales

Swallow Tales

  • アーティスト:John Scofield
  • 発売日: 2020/06/05
  • メディア: CD
 

 

Radio

ティーヴ・スワロウの独特なベース・スタイル。



 

Love On Music 2020年7月4日(ケイソン、ダーティー・プロジェクターズ)

 

ゲスト:Keison(ケイソン)

 

ケイソンさんは1976年静岡生まれ。アコースティック・サーフミュージックの先駆けとして2000年にメジャー・デビュー。何とジャック・ジョンソンより早いそうです。

 

Keison『Hazama Blue』

デビュー20周年のアルバム 。残念ながらYouTubeには音源を見つけられなかったので、iTunesの短い音源を掲載させて頂きます。とてもいい曲で気に入りました。

コロナ渦の中、お一人で録音されたアルバムだそうです。

Hazama Blue

Hazama Blue

  • 発売日: 2020/06/15
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

Go Men Ne

アルバムの1曲目。20周年ですが、まずは謝罪からということです。

Go Men Ne

Go Men Ne

  • provided courtesy of iTunes

 

Hazama Blue

タイジさんとスタジオ・セッションで歌ってくれました。タイジさんにギターを頼みたかったそうですが、コロナ渦で自分で重ねて作ったそうです。

Hazama Blue

Hazama Blue

  • provided courtesy of iTunes

 

Ufo Bum

Ufo Bum

Ufo Bum

  • provided courtesy of iTunes

 

CDはこちらのサイトで買えるそうです。おまけで40年前の鉛筆とか雑誌の切り抜きとかを一緒に入れてくれる場もあるそうです。ちなみに切り抜きは「タコ八郎と横山やすしの飲んだら捕まるな!」という酒造の宣伝とか、かなりレアもののようです。

 

 

 

Dirty Projectors「Lose Your Love」

ダーティー・プロジェクターズのニューEP『Flight Tower』の収録曲。

 

ザ・ソウルミュージックII 2020年7月4日(ジェネイ・アイコ、マヘリア、PJモートン)

 

夕暮れHealing特集(久保田利伸

 

「心を温めて癒してくれる」そんな優しいR&Bを紹介して頂きました。

 

Jhene Aiko「Magic Hour」

ジェネイ・アイコの新譜『Chilombo』より。このアルバムはいいですね。

「今風の音楽ですがブラック・ライフ感が強い」と久保田さん評。

「Magic Hour」は「夕方」を意味するそうです。

Chilombo

Chilombo

  • アーティスト:Jhené Aiko
  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: CD
 

 

 

Mahalia「Plastic Plants」

マヘリアの試作EP『Isolation Tapes』より。「マヘリアはイギリスな感じ」という久保田さん評。

Isolation Tapes - Single

Isolation Tapes - Single

  • Mahalia
  • R&B/ソウル
  • ¥407

 

  

PJ Morton「Yearning For Your Love」

2019年のアルバム『PAUL』より。久保田さんはPJモートンのライブ映像を一番見ているそうです。完全なるスティービー・チルドレンだそうです。「温かい生グルーブ感が素晴らしい」と久保田さん評。

 

PAUL

PAUL

 

 

8月は1日(土)と8日(土)の2週続けて久保田さんの放送だそうです。楽しみですね。