ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

Love On Music 2020年5月23日(デウォルフ、フード・ブレイン、ラーサーン・パターソン、佐藤タイジ)

 

今週もタイジさん、ジョーさん自宅からのリモート録音。

 

DeWolff「Live Like You」

番組のセレクション。 デウォルフのニューシングルが紹介されました。

Live Like You

Live Like You

  • DeWolff
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

フード・ブレイン『晩餐』

ジョー横溝さんは最近1970年代の日本のロック黎明期のサウンドを買い込んで聴いているそうです。今回は「フード・ブレイン」というバンドを紹介してくれました。ギターは日本のジミ・ヘンドリックスと呼ばれている陳信輝さん、ベースは元ピンククラウドの加部正義さん、キーボードは元エイプリルフールの柳田ヒロさん、ドラムはつのだ☆ひろさんというスーパーグループ。1970年のアルバムのようですが、復刻版CDがAmazonで売っていたので買っちゃいました!

晩餐

晩餐

 

 

 

Rahsaan PattersonHeroes & Gods』

 ラーサーン・パターソンのニューアルバムがタイジさんのニューアルバム『My Hero』と名前が被っていて気になってるそうです。このアルバムは私も好きです。

Heroes & Gods

Heroes & Gods

 

 

Rock And Roll



 

 

そしてタイジさんのこれまでのスタジオ・セッション・ライブから2曲と、何とタイジさんご自宅からの生ライブもしてくれました。タイジさんの頑張りには脱帽です。感謝です。

 

佐藤タイジ & 折坂悠太「OL'55 (LIVE@ INTERFM897)」

ジョーさんのセレクション。2018年10月6日トム・ウェイツのカバー。

 

佐藤タイジ & 荒井岳史「A SONG FOR YOU (LIVE@ INTERFM897)」

タイジさんのセレクション。2017年7月22日レオン・ラッセルのカバー。 

 

佐藤タイジソノラ砂漠のト゛レット゛ライタ゛ー (LIVE@ HOME)」

先週に引き続き今週もタイジさんのご自宅からのライブ。タイジさんのギターの音好きです。

 

 

佐藤タイジ「朝焼けのHUMANITY」

最後の曲はタイジさんのニューアルバム『My Hero』からでした。InterFMのYouTube公式チャネルにスタジオライブの映像がありましたので掲載させて頂きます。

My Hero

My Hero

  • アーティスト:佐藤タイジ
  • 発売日: 2019/11/06
  • メディア: CD
 

 

 

 

世界の快適音楽セレクション 2020年5月23日(ギャラクティック)

 

今回は2019年5月18日「ペンギンとイルカとクジラの音楽」の再放送でした。

 

トピックス(湯浅学

 

Galactic『Already Ready Already』

ギャラクティックはニューオリンズのファンクバンド。このアルバムは女性ボーカリストをゲストに招いて一緒に演奏しています。

ALREADY READY ALREADY

ALREADY READY ALREADY

  • アーティスト:GALACTIC
  • 発売日: 2019/02/19
  • メディア: CD
 

 

Going Straight Crazy(feat. Princess Shaw)

ニューオリンズのプリンセス・ショーがフィーチャーされています。昔のR&Bのフレーバーで今の状況を歌うボーカリスト

 

 

ウィークエンドサンシャイン 2020年5月23日(リトル・リチャード特集)

 

リトル・リチャード特集

 

今回は5月9日に87歳で亡くなったリトル・リチャードの追悼特集でした。

1932年ジョージア州メイコン生まれ。お父さんは密造酒のウィスキーを売っていたそうです。お母さんは音楽好きで、両親とも敬虔なキリスト教徒で、リトル・リチャードも子供の時から教会に通って好きなゴスペルを聞いていたそうです。ピアノを習って、10代から地元で音楽をやるようになったそうです。歌い方はゴスペルの影響を受けているそうです。1953年にョニー・オーティスのバンドで何曲か録音します。音楽だけでは生計が建てられないので、メイコンのグレイハウンド・バスの駅で皿洗いの仕事をしていたそうです。

 

Little Richard「Long Tall Sally」

ビートルズでも有名な曲です。オリジナルは1956年。

Here's Little Richard

Here's Little Richard

  • アーティスト:LITTLE RICHARD
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD
 

 

 

Little Richard「Tutti Frutti」

1955年に録音されたヒット曲。当時エルヴィス・プレスリーチャック・ベリーもデビューはしていますが、これほど爆発的なロックンロールは驚かれたそうです。リトル・リチャードのヒット曲は1956年から57年にかけてかなりの数が出ているそうです。

 

 

リトル・リチャードは一度ロックンロールをやめたそうです。バイブルスクールに入ってキリスト教の勉強をしてゴスペルを歌うようになったそうです。1958年から1962年まではゴスペルしか歌っていなかったそうです。

1962年のサム・クックのイギリス・ツアーにリトル・リチャードも一緒に行くようになり、そこで以前のロックンロールを歌ったところ、すごく盛り上がったので、またロックンロールに戻ったそうです。

ビートルズがデビューする前にハンブルグのナイトクラブでよく演奏しており、スタークラブということろでリトル・リチャードがトリでビートルズが前座をやっていたそうです。ビートルズはリトル・リチャードの演奏をすごく勉強しました。ポール・マッカートニーはリトル・リチャードに直に歌い方やギターの弾きを教えてもらったそうです。当時ビートルズはお金がなくて、リトル・リチャードは毎晩のようにジョン・レノンが食べるステーキのお金を出していたと言っていたそうです。

 

Little Richard「I Saw Her Standing There」

1970年ビートルズのカバー。

Rill Thing

Rill Thing

  • アーティスト:Little Richard
  • 発売日: 2009/06/23
  • メディア: CD
 

 

 

1960年代半ば、リトル・リチャードのバンドのギタリストはジミー・ジェイムス、後のジミ・ヘンドリックスです。ジミヘンはリトル・リチャードにすごく憧れていたそうです。

 

Little Richard「Going Home Tomorrow」

ジミヘンが参加した1963年録音の曲。

Little Richard Is Back (And There's a Whole Lotta Shakin' Goin' On!)

Little Richard Is Back (And There's a Whole Lotta Shakin' Goin' On!)

  • リトル・リチャード
  • ロック
  • ¥1630

 

Little Richard「Lawdy Miss Claudie」

この曲もジミヘンが参加しています。1963年。

 

 

Little Richard「I Don’t Know What You’ve Got But It’s Got Me」

リトル・リチャードのバンドのメンバーだったドン・コヴェイ(Don Covay)の曲。

Have Mercy! the Songs of Don Covay

Have Mercy! the Songs of Don Covay