ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

ワールドロックナウ 2022年5月21日(アーケイド・ファイア、マネスキン、ケンドリック・ラマー)

 

新譜紹介

 

Arcade Fire『WE』

アーケイド・ファイアの5年ぶりの新作。アルバム全体は40分と短いですが、「40分で完結する完璧な叙事詩」とプレスリリースで謳われているそうです。愛する人から引き離そうとする力についての作品で、それを克服しなければいけない。差し迫った必要性から生まれた作品だそうです。アルバムジャケットは瞳ですが、ブラックホールも意味するそうです。このアルバムを作っている最中にブラックホールが撮影されるという天文学上の出来事があって、その偶然にメンバーは興奮し、その記者会見でアーケイド・ファイアが演奏するというドラマチックな出来事もありました。

WE

WE

Amazon

 

 

Age of Anxiety I

 

 

 

Unconditional I (Lookout Kid) 

 

 

このアルバムは4月16日の海外情報でも紹介されました。

 

 

 

リクエストコーナー

 

Måneskin「SUPERMODEL」

マネスキンの新曲。

 

 

 

海外情報(NY情報)

 

ケンドリック・ラマーの新作が完成したそうです。アルバムタイトルは『Mr. Morale & The Big Steppers』。

Mr. Morale & The Big Steppers [Explicit]

Mr. Morale & The Big Steppers [Explicit]

  • pgLang/Top Dawg Entertainment/Aftermath/Interscope Records
Amazon

 

 

Kendrick Lamar「The Heart Part 5」

先行発表されたシングル。このMVがすごく面白く、ウィル・スミス、カニエ・ウェストO・J・シンプソンなど論争となっている人たちの顔にどんどん変わっていきます。

カニエ・ウェストのところではメンタルの問題について語っていて、ウィル・スミスのところでは傷を負った人はより多くの人を傷つけるというように、それぞれの視点から物を語っているそうです。ケンドリック・ラマーが色々な人の立場になることで、自分を見つめ直したり、自分達について語り直しているという作品。マーヴィン・ゲイの「I Want You」がサンプリングされていて、曲の最後に「I Want You」と言って終わります。

The Heart Part 5 [Clean]

The Heart Part 5 [Clean]

  • pgLang/Top Dawg Entertainment/Aftermath/Interscope Records
Amazon

 

 

 

ザ・ソウルミュージックII 2022年5月21日(メテオ、ベン・E.キング、アーサー・コンレイ、サム・クック)

 

ホットなニューリリース

 

[Meteor]「My Dear Love」

メテオは日本の3人組R&Bアーティストの新曲。顔出しをしていないそうです。

My Dear Love

My Dear Love

  • Decorum Records
Amazon

 

 

アーリーソウル特集 パート1

1950年代後半から60年代前半までのアーリーソウルの特集でした。

 

Ben E. King「Stand By Me」

 

 

Arthur Conley「Let Nothing Separate Us」

 

 

Sam Cooke「Nothing Can Change This Love」

 

世界の快適音楽セレクション 2022年5月21日(マイク・モレノ、ダン・ローゼンブーム、ノシズウェ、ピーター・アースキン)

 

プッシュの音楽

 

Mike Moreno「The Big Push」

三上さんの選曲。現在43歳のアメリカのジャズ・ギタリスト:マイク・モレノの2017年のアルバム『Three for Three』より。パット・メセニーの影響をすごく受けたそうですが、三上さんは超えていると仰ってました。

Three for Three

Three for Three

Amazon

 

 

Dan Rosenboom「Pushed to The Edge of Ideas by Dispassionate Bias-Algorithm Bots」

ダン・ローゼンブームはロサンゼルスを拠点に活動するジャズジャズ・トランペッター。演奏活動だけでなく、プロデューサーとしても活躍しております。2020年発表のアルバム『Absurd in the Anthropocene』より。

 

 

Nosizwe「Push」

ノシズウェは南アフリカ出身でノルウェーを拠点に活動しているシンガーソングライター。アフリカン・ルーツを保持したR&Bシンガーでアメリカ:ロサンゼルスのソウルシーンとも浅からぬ関係を持って活動しております。この曲は2014年の作品です。

In Fragments

In Fragments

  • SWEET SOUL RECORDS
Amazon

 

 

Peter ErskineAlan Pasqua、Dave Carpenter「Push/Pull」

三上さんの選曲。アメリカのジャズ・ドラマー:ピーター・アースキンの2002年のアルバム『Baflands』からアラン・パスクァのピアノ、デイブ・カーペンターのベース。

Badlands

Badlands

  • Fuzzy Music
Amazon