ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

世界の快適音楽セレクション 2019年10月19日

 

分かる音楽・分からない音楽

 

クレイジー・キャッツ「スーダラ節」

「スーダラ節」は、1961年発表。植木等さんがボーカルをとり大ヒット。昭和を代表する流行歌の一つ。「わかっちゃいるけどやめらない」というフレーズが印象的ですが、この歌詞を見た植木等さんは生真面目な性格で初めは歌うことをためらったそうです。

浄土真宗の僧侶であった彼の父親が「わかっちゃいるけどやめらない」は人間の矛盾をついた心理で親鸞の教えに通じると語り励ましたそうです。

 

 

 

RCサクセション「わかってもらえるさ」

アルバム「シングルマン」に収録された1曲と紹介されましたが、2015年に発売された「シングルマン+4」にボーナストラックとして収録されていて、1976年発売の「シングルマン」には入っていません。1976年にシングルで出ただけで、アルバムとしては1981年発売のベスト盤「EPLP」に入っています。

1976年頃のRCはひどい状態で、ギターの破廉ケンチさんはギターを弾けない状態だったので、清志郎さんがリードギターを弾いています。ちなみに「シングルマン」も売れずに廃盤となり、RCがブレークした後の1980年に再発売されています。

 

 

シングル・マン+4

シングル・マン+4

 

 

EPLP

 

松村さん:「君は分かってないなぁ〜」みたいな言い方される時あるじゃないですか。そういう時、ちょっと嫌な感じしません?

三上さん:否定されている訳ですからね。若い頃言われますよね。

松村さん:色んなものを分かるって難しいですよね?

三上さん:会社勤めしていた頃、一日どれだけ分かってないと言われるか勝負だみたいなこと同期としてましたよ。めちゃいいヤツだった。

松村さん:「分かってないなぁ〜」という言い方だけはやめてほしいですよね。分かりませんよ、そんなの、すぐには。

三上さん:「僕が分かってないのを分かってないですね」って言うしかないですかね。

 

 

 

 

ウィークエンドサンシャイン 2019年10月19日

 

新譜紹介

 

Gaby Moreno & Van Dyke Parks「iSpangled!」

 

グアテマラ出身のガビー・モレーノ(Gaby Moreno)とヴァン・ダイク・パークスVan Dyke Parks)のコラボレーション。ガビー・モレーノは20年前からロサンゼルスに住んでいるそうです。ヴァン・ダイク・パークスの独特な編曲が施されているアルバム。

 

Spangled

Spangled

 

 

 

Across The Borderline

ライ・クーダーRy Cooder)の曲。スライドギターでライ・クーダー本人、デュエットでジャクソン・ブラウンJackson Browne)。

移民に対して「国境を越えても必ずしも望み通りにはならないかもしれないよ。損することもあるかもしれない。」というような戒めの曲だそうです。

 

 

 

The Immigrants

トリニダードカリプソ詩人・デビッド・ラダーのカバー。「私は移民なのか、新たな奴隷なのか。残虐な待遇に合うために作られた人間なのか。そうは思わない。移民はずっとここにいる。どこにも行かないよ。アメリカを築くためにやって来ている。」という強烈なメッセージ・ソング。

 

 

 

 

Himesh Patel「Yesterday: Original Motion Picture Soundtrack」

 

Yesterday (Original Motion Picture Soundtrack)

Yesterday (Original Motion Picture Soundtrack)

 

 

ビートルズの存在が世の中から抹消されてしまった中で、ビートルズのことを覚えている一人だけになったあまり才能のないインド系イギリス人のシンガー・ソング・ライターの物語。面白そうな映画です。

世界規模の12秒間の停電が起きた時に自転車に乗っていてバスとぶつかる。意識を失っている時に停電となった。気がついたら病院のベッドの上。

 

Yesterday

事故でギターが壊れたので、友達がカンパして新しいギターを買ってくれます。せっかくのいいギターだからいい歌を歌いましょうということでイエスタデイ を歌います。

それまでは大した曲を作らない彼だったのですが、「あんた一体いつこんな曲作ったの?」と言われ、「僕が作ったんじゃない。ビートルズだよ。」→「なにそれ?」

 



 

Here Comes The Sun (From The Album "One Man Only”)

主役のHimesh Patelのアルバム「One Man Only」に入っているそうです。

 

 

 

The Long & Winding Road (Recorded Backstage)

エド・シーランが本人役で出て来て、主役ジャック・マリックはエド・シーランのワールド・ツアーのオープニング・アクトとして回ることになります。

どっちがいいソング・ライターなのかバック・ステージでどっちがいい曲が作れるかということになります。ジャック・マリックは「The Long & Winding Road」を歌います。

 

 

 

 

Help! (Live At Pier Hotel

本人も罪悪感を感じ、もう一人ビートルズのことを覚えている人が出てくるそうです。

1965年にジョン・レノンが歌ったのと同じ心境で、「助けて!」と歌います。

 

 

 

Wilco「Ode To Joy」

渋谷さんの「ワールドロックナウ」でも紹介されたアルバム。私もお気に入りです。

「喜びへの讃歌」はベートベンの第九の最後の合唱部分の英語タイトル。ジェフ・トゥイーディーがかなり複雑な心境で作った曲が多いみたいです。

 

Ode To Joy

Ode To Joy

 

 

 

Before Us

(訳詞)

戦争に終わりがあるという時代を覚えている

でも今は何か死んだものがあると、それをもう一度殺そうとするんだ

我々の前に来た人たちと一緒に僕は一人でいる

 

 

 

Love Is Everywhere (Beware)

(訳詞)

今はここに愛があるという姿を怖く感じている

 

 

 

 

にほんブログ村に登録しました

 

皆様のブログを拝見させていただくと結構な方が参加されているようですので、私も「にほんブログ村」に登録させて頂きました。

 

カテゴリは「音楽ブログ」の「今日聴いた曲・アルバム」にしました。

 

 

バナーは自分でクリックしていいんですね。Googleアドセンスで停止処分を受けているので自己クリックは怖かったですが、やってみました。

見事にINポイント、OUTポイントに自己クリック分がカウントされています。

 

更に多くの方にこのブログを見ていただけるよう頑張って記事書きたいと思います。

 

また、これまで押したことがなかった、皆様のブログのバナーも見つければ押すようになりました。

 

今後とも宜しくお願い致します。