ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

松尾潔のメロウな夜 2019月11月18日

 

前回聴き逃してしまったので、11月18日10:00〜10:50に11月11日の再放送、23:00〜23:50に11月18日の本放送を聴きました。

 

11月11日の再放送では、ティードラ・モーゼス(Teedra Moses)がよかったです。

ティードラ・モーゼスを何度か番組で紹介されたそうですが、そんなにインパクトはなかったという印象のようです。2000年代にちょっと懐かしい1990年代のR&Bを演っていた印象があるそうです。2004年にリリースされた「Complex Simplicity」というアルバムで一躍有名になり、今年は発売15年を記念して「15周年記念エディション」が発売されました。

 

Teedra Moses「 Complex Simplicity: 15th Anniversary Edition」 

 

Be Your Girl

 

 

今なら間に合うスタンダード(第32回)

 

Cheryl Lynn「Got To Be Real」

1978年シェリル・リン(Cheryl Lynn)のデビュー曲で代表曲。

TOTOデヴィッド・ペイチとそのお父さんのマーティー・ペイチのバックアップによりデビューしたそうです。

 

The Best Of Cheryl Lynn: Got To Be Real by Cheryl Lynn

The Best Of Cheryl Lynn: Got To Be Real by Cheryl Lynn

 

 

 

R&Bチャートで首位、総合チャートでも最高12位とヒットしたそうです。

TOTOデヴィッド・ペイチのプロデュースですが、TOTOのメンバー全員が参加している訳ではなく、ギターはスティーヴ・ルカサーではなく、何とレイ・パーカー・ジュニアだそうです。

シェリル・リンは1957年生まれ。21歳の時のこのデビュー曲で一躍有名になり、ソウルというよりはディスコ・クイーンというイメージで数年間突っ走ります。