ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

今日は一日“YMO”三昧 2019年8月14日

 

「今日は一日“YMO”三昧」でした。三昧は長いので殆ど聴かないのですが(2010年5月2日の「今日は一日“清志郎”三昧」以来かも)、YMOは中学生の時初めて好きになった日本のバンドなので珍しく聴きました。新たな発見が沢山あったので楽しかったです。

リクエストもしました。ベタですがRYDEEN。やっぱり1曲目にかかりましたね。いいんだよなこの音。何度聴いても。この曲は浮世絵から黒澤明監督の「七人の侍」をイメージし、馬の蹄の音を細野さんがキーボードで弾いているとは知りませんでした。光線銃のところは黒澤映画が元になった「スターウォーズ」。深いんですね。細野さんってすごい。馬を楽器で走らせたら細野さんの右に出る人はいないそうです。

RYDEEN

RYDEEN

  • provided courtesy of iTunes

 

高田漣さんリクエストの「NICE AGE」

女の人の声で入る「ニュース速報。22番は、今日で1週間に経ってしまったんですけれども、でももうそこにはいなくなって彼は花のように姿を現わします。Coming up like a flower…」というメッセージ。声はサディスティック・ミカ・バンドのミカさんで、ポール・マッカートニーに関することらしいです。調べてみると、アルバム「増殖」が出たのが1980年6月。ポール・マッカートニーが来日して大麻所持で逮捕され、来日公演が中止になった時が1980年1月なんですね。スネークマンショーの「だれ〜?ここは警察じゃないよ〜」というのも続いているらしいです。当時私は中学3年生で高校受験で悩みまくっていた頃。勉強しながらYMO聴くのが楽しみでしたね。こんな背景があるとは知る由もなく。

NICE AGE

NICE AGE

  • provided courtesy of iTunes
SNAKEMAN SHOW [3]

SNAKEMAN SHOW [3]

  • provided courtesy of iTunes

 

 

松武秀樹×鮎川誠「RYDEEN」生ライブの模様がYouTubeにアップされました。

 

 

 

アルファレコードでプロデューサーとしてYMOに関わっていらした川添象郎さんのお話が面白かったです。

 細野さんからYMOの構想を聞いた時、面倒くさいから「お金預けるから勝手に作ってよ」と言って任せたそうです。半年位経ってからYMOの曲が出来たというので聴いてみると、「プ、ピ、プル〜、ププッ」とかいって音楽じゃない。しかもインストゥルメンタル。どうやって売ったらいいのか分からなかったそうです。細野さんの名前で2,000枚作れたそうですが、500枚しか売れなかったそうです。

 

YMOは「オリジナリティを尊重する国アメリカ」で「なかなか面白い」と評価を受けてアメリカで発売が決まったそうです。ザ・チューブス(The Tubes)というバンドの前座をやったのがデビュー。日本人は愛想が悪く、制服を着ているというイメージがあるから無表情で人民服というオリジナリティ。アメリカで成功する為にはアメリカ人の真似をして「Yeah!」なんて言ってはダメ。日本のアイデンティティを表現することがオリジナリティ。そして松武秀樹さんのコンピューターをステージに上げてしまう。初日の1曲目からスタンディング・オベーションだったそうです。

ファイアークラッカー

ファイアークラッカー

  • provided courtesy of iTunes

 

川添象郎さんのお言葉が当時の時代感覚を表している気がします。私はラジオ少年でコンピュータというものに興味を持ち出した頃。戦後という感覚は当時中学生の私にはありませんでしたが、大人の方からすると高々戦後35年ですからね。

 

文明的に考えると日本が第二次大戦で負けて敗戦気分でいたところから、1980年代というのは抜け出して新しい時代。当時日本はコンピュータ技術でも図抜けていた。そういうものを象徴する音楽としてYMOが出現して本当に良かったなぁと思います。優れた技術はその時代の状況を反映している。そういう意味でYMOというのはそういう力強さがあるから、結局不変性がある。今聴いても音が衰えない。やっぱりオリジナリティが大事。よくインストゥルメンタルのアルバムでこれだけ売って、確か1980年代ではベストアルバム賞をもらった。一番売れた。52億円売れた。当時山口百恵が45億円だったから、それを抜いちゃった。やっぱりオリジナリティを持っていると強い。

 

手掛かり

手掛かり

  • provided courtesy of iTunes
体操

体操

  • provided courtesy of iTunes

 

プレイリスト


01. RYDEEN
02. Cosmic Surfin'
03. Mad Pierrot
04. ACROBAT
05. Jingle "Y.M.O."
06. Nice Age
07. TECHNOPOLIS
08. Simoon
09. 邂逅
10. 君に胸キュン!
11. CITIZENS OF SCIENCE
12. ハッピイエンド (YMO
13. ハッピイエンド (坂本龍一
14. LA FEMME CHINOISE ~中国女~
15. Absolute Ego Dance
16. BEHIND THE MASK
17. BEHIND THE MASK (原曲)
18. Key
19. 体操
20. Day Tripper
21. SOLID STATE SURVIVOR
22. ユーメイドリーム
23. Day Tripper (LIVE)
24. RADIO JUNK (LIVE)
25. RYDEEN スタジオLIVE
26. YMO・DJミックス
27. Computer Game "Theme From The Circus"
28. FIRECRACKER
29. 東風
30. Insomnia
31. 春咲小紅
32. い・け・な・いルージュマジック
33. ハイスクール・ララバイ
34. ハートブレイク太陽族
35. 禁区
36. 過激な淑女
37. ミス・ブランニュー・デイ
38. 咲坂と桃内のごきげんいかが1 2 3
39. 開け心~磁性紀~
40. NEUE TANZ
41. CUE Camouflage
42. Camouflage
43. PURE JAM
44. O.K.
45. U・T
46. ONGAKU / 音楽
47. MULTIPLIES
48. LOTUS LOVE
49. Tighten up
50. 以心電信
51. The End of Asia (LIVE)
52. The City of Light