ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

Daisy Holiday! 2019年10月21日

 

ゲスト:川添象郎さん

 

今週から何回に渡り先日恵比寿ザ・ガーデンホールで開催された『細野さん みんな集まりました!』のDay4 「細野さんと語ろう! ~デイジーワールドの集い~」の模様が放送されます。

 


川添象郎さんはYMO時代のプロデュサー。8月14日のNHKFM「今日は一日“YMO”三昧」にも出られてすごく面白い話を聞かせてくれました。

今回も内容は細野さんがYMOを構想されて、衝撃のファーストアルバムを出されて、アメリカツアーをして大ブレークする時の話をしてくれました。「三昧」の時はYMOの方はどなたもいらっしゃらなかったので寂しかったですが、今回は細野さんとの掛け合いですごく楽しかったです。

 

 

川添さんはスパニッシュ・ギターの名手で、細野さんは川添さんのギターを借りて「HoSoNoVa」をレコーディングしたそうです。

 

ローズマリー、ティートゥリー

ローズマリー、ティートゥリー

  • provided courtesy of iTunes

 

YMOのツアーは川添さんがリーダー。大変だったそうです。外国人相手の交渉。

THE GREEK THEATREのライブは前座。しかも音を下げられてしまう。これを舞台監督に交渉して音を大きくした(話はもっとえげつなかったですが)。そして1曲目からバカウケしたそうです。

 

BEHIND THE MASK



この話を聞いて細野さんはショービジネスのバックグラウンドは非常に大事なんだなと思い、川添さん無くしてはYMOの成功はなかったと思っているそうです。そして、川添さんのような音楽を非常に大事に思っているプロデューサは今はいないとも思っているそうです。

 

この川添さんのお話が印象的でした。

「音楽を好きなだけでなく、エンターテイナーに気持ちよく仕事をしてもらわなければ何も始まらないですから」

 

村井邦彦さんという当時のアルファレコード社長ですごい優秀な作曲家。彼の勇断、決断、蛮勇がなければYMOの世界的成功はなかった」

 



 

COSMIC SURFIN' 

 

村井さんがこのバカウケした映像をNHKに売り込もうと言って、憂鬱な話題が多い9時のニュースで流してもらい視聴率22%、2200万人がこの映像を見たそうです。

 

細野さん:なかなかやりますよね。

川添さん:あなた達は好き勝手作ってるだけど、売る方は考えなきゃいけないんだから!  大変なんだから!

細野さん:その当時は全くそういうこと知りませんでした。

川添さん:そうでしたか?!でもまあ餅屋餅屋ですからね。音楽を作る人、芸術を作る人、それを広める人、分業しないとね。

細野さん:日本の芸能界でそういう動きって特殊ですよね。当時は歌謡界ですからね。疎まれたりしたんでしょうね。

川添さん:村井さんも僕もそういうのに無頓着。二人ともミュージシャンだから。

インディペンデント・レコード会社で始めましたから。

細野さん:アメリカの会社みたいでしたよね。

川添さん:何でもかんでもやってみようという精神が旺盛でした。やりたい放題でした。

細野さん:音楽のことしか考えていませんでした。

川添さん:1時間4万円のスタジオ代のこととか考えていなかったよね。

細野さん:アルファスタジオに遅刻した時、川添さんに注意されました。そのおかげで遅刻はいけないんだと思いました。