ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

ウィークエンドサンシャイン 2023年8月26日(ハービー・ハンコック、ビリー・コブハム 、ボビ・ハンフリー、ドナルド・バード)

www.nhk.jp

 

1973年の名曲〝Jazz/Funk〟

バラカンさん夏風邪を引かれたそうで、いつもと声が違いました。

今回も1973年の音楽で、ジャズ・ファンク編。

 

Herbie Hancock『Headhunters』

ハービー・ハンコックの『Headhunters』から2曲かかりました。メンバーは、ハービー・ハンコックのキーボード、ベニー・モウピン のサックスなど、ポール・ジャクソンのベース、ハーヴィー・メイソンのドラムス、ビル・サマーズのパーカッション。

Headhunters

Headhunters

Amazon

 

Chameleon

15分半の曲。ラジオではあまりフルでかからないと思いますが、さすがバラカンさん。


www.youtube.com

 

Watermelon Man

ハービー・ハンコックの1962年のデビューアルバム『Takin' Off』に収録されて、すでにジャズのスタンダードとなっていた曲ですが、編曲をまるっきり変えて収録されています。パーカッションのビル・サマーズがビール瓶の口を吹いているそうです。


www.youtube.com

 

 

Billy Cobham「Red Baron」

ニューヨークで作られたドラマーのビリー・コブハムのアルバム『Spectrum』より。キーボードがヤン・ハマー、ギターがトミー・ボーリントミー・ボーリンリッチー・ブラックモアが辞めた後のディープ・パープルに入りますが、上手くいかず、25歳の若さでドラッグのため亡くなったそうです。


www.youtube.com

Spectrum

Spectrum

Amazon

 

 

Bobbi Humphrey「Harlem River Drive」

当時若手の女性フルート奏者:ボビ・ハンフリーのアルバム『Black & Blues』より。


www.youtube.com

Blacks & Blues

Blacks & Blues

Amazon

 

 

Donald Byrd「Lansana's Priestess」

ロサンゼルスを拠点に活動していたドナルド・バードの曲も2曲かかりました。もう1曲は、アルバム『Black Byrd』からタイトル曲の「Black Byrd」。この曲は、アルバム『Street Lady』より。


www.youtube.com

Street Lady

Street Lady

Amazon