ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

萩原健太のotonanoラジオ 2020年2月25日(直枝政広)


ゲスト:直枝政広さん

 

Soggy Cheerios『Ⅲ』

 2013年リリース『1959』、2015年リリース『Feels & Peanuts』に続く3枚目。

1959年生まれの鈴木惣一朗直枝政広のユニット。私は直江さんがやっているバンド、カーネーションが好きなのでSoggy Cheeriosも3作全て聴いています。お二人は同い年で仲良しだったのかと思ったら、そうでもなかったようで意外でした。

III

III

 

  

Soggy Cheerios「繭」

アルバムのオープニングナンバー。生ギターの音がいいです。直江さんはポール・マッカートニーの「ジェニー・レン」をイメージして作ったそうです。鈴木さんとのコーラスは10ccっぽくてかなり自信がおありのようです。

 

Soggy Cheerios「HAPPY」

直江さんが作った曲。「1枚のレコードが僕の人生をいとも簡単に変えたんだ」と歌っています。直江さんの曲は情景が浮かんで、ノスタルジックな気持ちにさせてくれるところが好きです。

HAPPY

HAPPY

  • Soggy Cheerios
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Soggy Cheerios「海鳴り feat.優河」

鈴木惣一朗さんが作った曲。暗いテンポの遅い感じでデモテープがきたのでどうなるかと思ったそうですが、素敵な曲に仕上がっています。直江さんも大好きな曲だそうです。ザ・バンドみたいなシティポップにならない感じがいいと思っているそうです。

海鳴り feat.優河

海鳴り feat.優河

  • Soggy Cheerios
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

次回3月3日も直江さんがゲストで、「カーネーション」について語ってくれるそうです。楽しみです。