ラジオと音楽

ラジオから知った音楽のこと書いていきます

ジャズ・トゥナイト 2022年5月21日(マーティ・ホロベック、メロディ・ガルドー&フィリップ・バーデン・パウエル、グレッグ・スピーロ、トルド・グスタフセン・トリオ)

 

ホットピックス

 

Marty Holoubek『Trio II(feat. May Inoue & Shun Ishiwaka)』

2018年にオーストラリアのメルボルンから日本に拠点を移して活動しているベーシスト:マーティ・ホロベックの最新作。トリオのメンバーは、石若駿のドラムと井上銘のギター。

Trio II

Trio II

Amazon

 

 

AmCP

マーティ・ホロベックのオリジナル曲。

 

 

Room

石若駿のオリジナル曲。

 

 

 

Melody Gardot & Philippe Powell『Entre eux deux』

アメリカ出身パリ在住の歌手:メロディ・ガルドーとブラジル出身でパリを拠点に活動するピアニスト:フィリップ・バーデン・パウエルのデュオアルバム。

Entre eux deux

Entre eux deux

Amazon

 

 

Perhaps You'll Wonder Why

メロディ・ガルドーとフィリップ・バーデン・パウエルの二人で書き下ろした曲。



 

Samba Em Prelúdio (Un Jour Sans Toi)

フィリップ・バーデン・パウエルの父親でブラジル音楽を代表するギタリスト、作曲家のバーデン・パウエルの名曲「プレリュードのサンバ」。フィリップがボーカルも披露しています。



 

 

Greg Spero『The Chicago Experiment』

アメリカのフィラデルフィアを拠点に活動するレーベル:ローパドープからリリースされたアルバム。シカゴを拠点に活動するピアニスト:グレッグ・スピーロのもとにシカゴの新しいミュージシャン達が集まって4日間のセッションしたものをまとめあげたアルバム。グレッグ・スピーロのピアノ、マカヤ・マクレイヴンのドラムス、ジョエル・ロスのヴィブラフォン、マーキス・ヒルのトランペット、 アーヴィン・ピアスのテナーサックス、ジェフ・パーカーのギター、ダリル・ジョーンズのベース。

 

 

The Chant



 

Still Of Water



 

 

 

Tord Gustavsen Trio『Opening』

ノルウェーのピアニスト:トルド・グスタフセン・トリオの最新作。トルド・グスタフセンは1970年オスロ生まれで2003年にECMからリリースしたデビュー・アルバム『Changing Places』が注目され、それ以降ECMから今回のアルバムまで9枚を出しています。トリオの演奏も5作ほど出していますが、今回は4年ぶりの新作。トリオのメンバーは、トルド・グスタフセンのピアノ&エレクトロニクス、スタイナー・ラクネスのダブル・ベース&エレクトロニクス、ヤール・ヴェスペスタのドラムス。

Opening

Opening

Amazon

 

 

Stream

 

 

Floytelat/The Flute

Fløytelåt / The Flute

Fløytelåt / The Flute

  • トルド・グスタフセン・トリオ
  • ジャズ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ワールドロックナウ 2022年5月21日(アーケイド・ファイア、マネスキン、ケンドリック・ラマー)

 

新譜紹介

 

Arcade Fire『WE』

アーケイド・ファイアの5年ぶりの新作。アルバム全体は40分と短いですが、「40分で完結する完璧な叙事詩」とプレスリリースで謳われているそうです。愛する人から引き離そうとする力についての作品で、それを克服しなければいけない。差し迫った必要性から生まれた作品だそうです。アルバムジャケットは瞳ですが、ブラックホールも意味するそうです。このアルバムを作っている最中にブラックホールが撮影されるという天文学上の出来事があって、その偶然にメンバーは興奮し、その記者会見でアーケイド・ファイアが演奏するというドラマチックな出来事もありました。

WE

WE

Amazon

 

 

Age of Anxiety I

 

 

 

Unconditional I (Lookout Kid) 

 

 

このアルバムは4月16日の海外情報でも紹介されました。

 

 

 

リクエストコーナー

 

Måneskin「SUPERMODEL」

マネスキンの新曲。

 

 

 

海外情報(NY情報)

 

ケンドリック・ラマーの新作が完成したそうです。アルバムタイトルは『Mr. Morale & The Big Steppers』。

Mr. Morale & The Big Steppers [Explicit]

Mr. Morale & The Big Steppers [Explicit]

  • pgLang/Top Dawg Entertainment/Aftermath/Interscope Records
Amazon

 

 

Kendrick Lamar「The Heart Part 5」

先行発表されたシングル。このMVがすごく面白く、ウィル・スミス、カニエ・ウェストO・J・シンプソンなど論争となっている人たちの顔にどんどん変わっていきます。

カニエ・ウェストのところではメンタルの問題について語っていて、ウィル・スミスのところでは傷を負った人はより多くの人を傷つけるというように、それぞれの視点から物を語っているそうです。ケンドリック・ラマーが色々な人の立場になることで、自分を見つめ直したり、自分達について語り直しているという作品。マーヴィン・ゲイの「I Want You」がサンプリングされていて、曲の最後に「I Want You」と言って終わります。

The Heart Part 5 [Clean]

The Heart Part 5 [Clean]

  • pgLang/Top Dawg Entertainment/Aftermath/Interscope Records
Amazon

 

 

 

ザ・ソウルミュージックII 2022年5月21日(メテオ、ベン・E.キング、アーサー・コンレイ、サム・クック)

 

ホットなニューリリース

 

[Meteor]「My Dear Love」

メテオは日本の3人組R&Bアーティストの新曲。顔出しをしていないそうです。

My Dear Love

My Dear Love

  • Decorum Records
Amazon

 

 

アーリーソウル特集 パート1

1950年代後半から60年代前半までのアーリーソウルの特集でした。

 

Ben E. King「Stand By Me」

 

 

Arthur Conley「Let Nothing Separate Us」

 

 

Sam Cooke「Nothing Can Change This Love」